令和2年8月、私はインターネット記事を購読し思わず、「遂にこの時が来たか」と思いました。

 私が「遂にこの時が来たか」と思ったのは、あなたも耳にしたことがある会社までもがライブ配信を始めたからです。

 令和2年1月まではお客はお店に足を運び、商品を購入していました。

 しかし令和2年2月以降は、どうでしょうか。

 あなたがライブ配信について1から知りたい場合には、ゆうこす著「#ライブ配信の教科書」がおすすめです。

インターネットで商品を購入するか考えている人

●会社がインターネットを活用して商品を販売するにも限界があります

 あなたも外出自粛によって、お店に足を運び商品を購入するよりもインターネットを活用して商品を購入するようになったんではありませんか。

 会社がインターネットを活用して商品を販売するにも限界があります。

 あなたは「え」と思いましたよね。

 会社がインターネットを活用して商品を販売する時、写真・文章だけでお客に商品の説明をし、お客が写真・文章だけでは商品について理解できなかった場合には、お問い合わせで質問したり、お店に行き、店員に確認していました。

 お客が「欲しい」という気持ちを持った時、お客が知りたい情報を知れない時には何が起きるでしょうか。

 お客は「欲しい」という気持ちを消し去ります。


 そのことで会社は本来受け取ることができた売り上げを取りこぼすことになります。

 しかしライブ配信をすると、お客が「知りたい」と思ったことをライブ配信中に会社の中の人に質問することができ、悩みを解消できればお客は商品を購入します。

 あなたは「私は会社で販売スタッフではありません」」と思っていますよね。

 あなたが会社で販売スタッフでなかったとしても、令和2年8月以降ライブ配信は必要です。

 あなたは気が付いていますか。

●会社がオフラインでの業績が悪化している状態で、あなたがライブ配信で影響力を持っていると分かったら、どうでしょうか

 令和2年以降、会社が雇用関係を見直し始め、追い打ちをかけるように令和2年2月以降リモートワークが始まりました。

 リモートワークでの仕事の評価は、全て成果だけです。

 なので、あなたが成果を上げることができなかった場合には、リストラされます。

 しかしあなたがライブ配信をしており、あなたがライブ配信をすることで会社にメリットがある場合には、あなたはリストラされずに済みます。


 会社がオフラインでの業績が悪化している状態で、あなたがライブ配信で影響力を持っていると分かったら、どうでしょうか。

 会社はあなたに少しだけ手当てを付けて、「ライブ配信を会社のためにもして欲しい」と言って来ます。

 先程執筆した会社はZoomを活用し、ライブ配信を始めました。

 あなたはZoomではなく、あなたが使いやすいライブ配信を活用しても言い訳です。

 ライブ配信を始めることは簡単です。

 しかしライブ配信を続けることは難しいです。


 あなたは「何だ」と失望しましたよね。

 失望しかけたあなたにおすすめしたい書籍が、ゆうこす著「#ライブ配信の教科書」です。

 ゆうこす著「#ライブ配信の教科書」には、ライブ配信をする上で大切なことが執筆されています。

 勿論、ゆうこす自身ライブ配信をし、ライブ配信の会社も経営しています。

 なので、良く分からない人が適当に言っていることではありません。

 私もゆうこすの書籍を購読し、SNSについて改めて理解が深まったこともあります。

 なので、私もゆうこす著「#ライブ配信の教科書」を購入しました。

 あなたは、どうしますか。

 あなたは、ただ漠然とライブ配信を始め、途中でライブ配信を辞めてしまいますか。

 あなたは、ライブ配信をしながら、ゆうこす著「#ライブ配信の教科書」を購読し、ライブ配信をし続けますか。


 あなたは、「ゆうこす著「#ライブ配信の教科書」が欲しいです」と思いましたよね。

 なので、あなたが今すぐにここからゆうこす著「#ライブ配信の教科書」を購入できるようにしておきます。

 あなたはライブ配信の教科書を手にしたことでライブ配信で壁にぶつかる度に、戻るべき場所を持つことができます。


♯ライブ配信の教科書

新品価格
¥1,760から
(2020/8/5 08:50時点)


ライブ配信で変わらないことがあり書籍を購読している人

▼▼▼関連記事です