私は、令和時代からプログラミングを始める小学生・中学生は、一般的なプログラミングスクールに通ったとしても、令和時代で活躍できないと考えています。

 その理由は、令和時代は、平成時代よりも更に国際競争が厳しくなるからです。

 私は、平成時代に日本を代表する会社人事担当者が英語教育導入になる際、お声を大にしてある勉強会でこれからの採用基準について語っていました。

 あなたは、「日本人を優遇すると言った」と思っていますよね。

AL008-5w1hkasuwakenaidesyo20140722_TP_V4

●あなたの子供は、英語を話すことはできますか

 残念ながら、人事担当者は、「日本人と外国人も関係ない」と言っていました。

 更にトドメを刺すように「論理的思考が身に付いているならば、外国人でも構わない」と言っていました。

 あなたは、子供の将来が不安になって来たんじゃないですか。

 あなたの子供は、英語を話すことはできますか。

 あなたの子供は、論理的思考がありますか。


 あなたは、慌てて子供のこれまでのテスト結果を見ているんじゃないですか。

 私から言わせてみれば、子供が英語を話せなかったり、論理的思考がないのは、あなたの責任です。

 あなたは、「え」と思いましたよね。

 実は、平成時代に学級崩壊がトピックになっていた時がありました。

 私は、あの時、「どういう教育を子供に受けさせるかは親の責任だ」「論理的思考が身に付かなかったり、英語が話せないのは親の責任だ」と思いました。

 私が、小学4年の時、既に学級崩壊の前兆がありました。


 私が所属していたクラスで、2学期から授業どろこではなくなりました。

 学級崩壊の原因になったのは、私が所属していたクラスだけ担任が、変更しなかったことです。


●1学期は辛うじて、クラスの一部の生徒も授業中は、大人しくしていました

 あろうことか担任は、クラス発表があった日に、生徒に「ごめんね。うちのクラスだけ担任が変わらないで。でもさ。学年は進級したので、この課題作文を書いて提出して。あ。私のことを悪く書くのは駄目だよ」と言っていました。

 この瞬間、クラスの一部の生徒が、担任に「てめえ、消えろよ」「うぜんだよ、ババ」と言っていました。

 しかし、1学期は辛うじて、クラスの一部の生徒も授業中は、大人しくしていました。

 夏休みが終わり、2学期になった瞬間、担任がホームルームを始めようとすると、クラスの一部の生徒が急に席を立ち、扉を開け、「うおー」と大声で叫び始め、それに続いてまた違う生徒が、「うおー」と大声で叫び始めていました。

 次第に一部の生徒は、担任が教科の授業をしている時も、扉を開け、「うおー」と大声で叫び、担任が一部の生徒の体を触り、席に戻そうとすると、一部の生徒が「誰か。助けて。侵されています」と大声で叫び、他の生徒が「え。もしかして、年下の男が好きなのか」と言い始め、他の生徒が大声で「民さん、聞いて下さい、A先生は小学生の男子が好きで仕方がないらしいです」と椅子に立ちながら、叫んでいました。

 更に事態は悪化し、担任が「もういい加減にして」と言うと、一部の生徒が担任に「うるせんだよ。ロリコンが。本当は体育の時間、俺たちの足を見て喜んでいるんだろう」と言うと、担任は一部の生徒の頬を軽く叩きました。

 一部の生徒が、担任に「親にも叩かれたことがないんだよ。この暴力教師。死ねよ」と言いながら、ジージャンを思いっきり振り回し、担任を叩いていました。

 その後、担任は、授業の時間になっても教室に来ませんでした。


 担任の代わりに教室に来た教師は、理科だけ習っている男性教師でした。

 男性教師は、「おい。お前ら何をしたんだ。今なら正直に話せば許してやる」とドスがきいた声で言っていました。

 私が所属していたクラスは、全員「知りません。先生の教え方がいけなかったんじゃないですか」と言いました。

 その後、担任が怯えながら、教室に入って来、「皆、どうして。私が何か悪いことをしたの。今、2学期だよ。お願い。あと少しだけ私で我慢して」と泣きながら、言っていました。

 この光景を見て、「やばいことをした」と思った生徒は、以降きちんと授業を聞くようになりました。


 しかし、一部の生徒は、「うるせんだよ」と言い続けていました。

 教室が、担任が授業ができるくらいまでおさまっていました。

 しかし、3学期のバレンタインデーに再び教室は、授業どころではなくなりました。

d18f52d44bb340d94f2c3d66818ba370_s

●あなたは、「何をしたの」と思いましたよね

 原因は、担任です。

 あなたは、「何をしたの」と思いましたよね。

 私が所属していたクラスの担任は、若い女性教師でした。

 女性教師は、バレンタインチョコをクラスの人数分用意していました。

 女性教師は、ホームルームの時間に生徒に「皆、他のクラス。他の先生には内緒だからね」と言い、チョコを配り始めました。

 あなたは、「女性教師が、普通に生徒に手渡しした」と思いますよね。

 あろうことか女性教師は、女子生徒にはチョコを手渡ししていましたが、男子生徒には「口を開けて」と言い、女性教師がチョコを握り、男子生徒にチョコを食べさせていました。

 この光景を見た女子生徒は、女性教師に「え」「何こいつ」と言っていました。

 バレンタインデーから終業式まで私が所属していたクラスは、担任が授業をできる状態ではなくなりました。


 担任が教室に来ると、「おい。ロリ。帰れよ」と言い、男子生徒がまだ着替えている時に担任が、教室に入った場合には、「うわ。俺の体を見て、喜んでいるんだろう」と言われていました。

 担任の席に置いてあった私物も全て廊下に投げ捨てらて、担任はクラスから追い出されていました。

 どうしても勉強したかった生徒は、放課後、残勉をし、担任に教えて貰っていました。


 私は、「このまま5年になったら、やばいな」と思い、残勉をし、17時まで担任に算数を教えて貰っていました。

 あなたは、ゾッとしたんじゃないですか。


●どうしてこのようなことになってのか

 学級崩壊がトピックになる前に、私が小学4年の時、既に学級崩壊になっていました。

 どうしてこのようなことになってのか。

 その理由は、簡単です。

 一部の生徒には、論理的思考がなかったからです。

 なので、まるで動物のように赴くままに叫んだり、教師を泣かし喜んでいました。


 その生徒も親の前では良い子になり、「はい。塾に行ってまいります」と言い、自分がちゃっかり中学受験予備校に通い、私立中学に進学していました。

 あなたは、「まるで今、自分が行っていることと似ている」と思ったんじゃないですか。

 あなたの子供は、あなたの前で仮面を被っているかもしれません。

 朝は学校に行き、途中で抜け出し、何処で遊んでいるかもしれません。


 あなたは、「そんなことありません」と思っていますよね。

 そう思っているのは、あなただけです。

 仮にあなたの子供が、このようなことをしていたら、全てあなたの責任です。

 あなたは、今すぐに子供に学校に行かせることを辞めるべきです。


 子供が、あなたに「学校に行かせろよ」と言って来るかもしれません。

 しかし、あなたは、子供に「今のあなたには、学校に行かせられません」とはっきりと言いましょう。

 子供が、あなたに「うるせんだよ。ババ」と言ってきた場合には、子供の本当の本性です。

 あなたは、子供にそう言われて辛いかもしれません。

JUN19333P2A3241_TP_V4

●子供は、あなたに対して、少し反抗的な目をして来ます

 しかし、あなたは、子供に「いつからそんな言葉を言うようになったの。誰があなたを養っていると思っているの」と言いましょう。

 子供が、あなたに「知らねえよ」と言った場合には、あなたは、子供に「この馬鹿が」と言いながら、頬にビンタをしましょう。


 子供は、あなたに対して、少し反抗的な目をして来ます。

 あなたは、その時、子供に「痛かったでしょう。ママもね。それぐらい痛いの」と言いましょう。

 更に、あなたは、子供に「ママが、あなたを甘やかしてしまったからいけないんだね」と言いましょう。

 子供は、突然のことで、少し動揺し始めます。


 子供は、じっとあなたを見つめているだけかもしれません。

 その時は、あなたは、子供に「ねえ。ママね。あなたには、しっかりと勉強して欲しいと思っているの。もうあんな学校行かなくて良い。ママは、あなたは英語とプログラミングだけできれば良いと思っているの」と言いましょう。

 子供は、あなたに「え。英語とプログラミングだけでいいの」と驚きながら、言って来ます。

 あなたは、すかさず、子供に「うん。あなたは、もう英語とプログラミングだけ勉強していれば、ママはもう何も言わない」と笑顔で言いましょう。

 そのことで、子供は、元通りになるどころか、令和時代に必要とされ続ける人材になることができます。


 あなたは、「でも英語とプログラミングの学校知らないんですけど」と思いましたよね。


●D-SCHOOLオンラインには、5コースあります

 今回、私があなたにおすすめするのは、D-SCHOOLオンライン です。

 D-SCHOOLオンラインには、5コースあります。

 しかし、あなたの子供が入校するコースは、英語&プログラミングコースです。

 その理由は、英語とプログラミングの両方のスキルを身に付けることができるからです。

 しかも、ゲーム感覚で勉強して行くので、子供もまるでゲームをしている感覚でスキルを身に付けることができます。

 あなたは、気が付いていますか。

 D-SCHOOLオンラインは、インターネットで授業を受けることになります。

 なので、子供がD-SCHOOLオンラインで勉強している間、子供は家にいます。

 子供は、1人で落ち着いて勉強することができます。


 あなたは、子供の高校進学が心配ですよね。

 私がインターネットで調べた限りでは、通信高校で良ければ、あなたの子供も高校進学できます。

 あなたは、「通信高校は駄目です。通学高校じゃないと駄目です」と思っていますよね。

 実は、令和時代には、通信高校でもプログラミング・ビジネスについて教えてくれる学校もあります。

 なので、私は下手に通学高校に進学するよりも、通信高校に進学した方が、令和時代で活躍できるんではないかと考えています。

 特にあなたの子供のように英語とプログラミングだけを勉強する子供とは、相性がいいです。

 そのことで、子供は高校生のうちから自分でお金を稼ぐようになるかもしれません。


 あなたの子供が大学受験の時には、大学の存在価値が問われている時代になっているかもしれません。

 本来、大学でプログラミング・英語を勉強しようとしたら、4年間で●百万円かかります。

 しかし、あなたの子供は、1/10の時間でプログラミング・英語のスキルを身に付けることができます。


 あなたは、「D-SCHOOLオンラインに申し込みをしたいです」と思っていますよね。

 私も今すぐにでも、申し込みをした方が良いと考えています。

 その理由は、令和時代の若年層は、稼げない人と稼げる人の2分化がはっきりとすると考えているからです。

 あなたは、子供をどちらにしたいですか。

 あなたは、稼げない人にしたいですか。

 あなたは、稼げる人にしたいですか。

 あなたは、「稼げる人にしたいです」と思っていますよね。

 あなたが、今、D-SCHOOLオンライン の英語&プログラミングコースに申し込みをしても、14日間は無料で体験することができます。

 なので、子供がD-SCHOOLオンラインで勉強する時は、隣に座りながら、子供の様子を見て、子供に合っているかしっかりと確認することができます。


 子供は、急にイキイキし、あなたに対する言葉遣いも変わるかもしれません。

 あなたの誕生日に子供が書いた誕生日カードを読むと、論理的に書かれており、あなたは驚きながら、嬉しさのあまり泣いてしまうかもしれません。

 子供は他人に対しても思いやりを持ち、困っている人を見ると積極的に手伝うようになるかもしれません。

 道に迷っている外国人を見かけると、子供は英語で「May I help you?」と話掛け、外国人を助けるかもしれません。

 あなたが、子供にどのような教育を受けさせるかが、令和時代では重要なことになります。


 あなたが、今すぐにここからD-SCHOOLオンラインの英語&プログラミングコースに申し込みできるようにしておきます。

 そのことで、かつて子供が仲が良かった友達は、進学しない方が良いと言われている高校に進学している中、あなたの子供は既に起業家としてお金を稼いでいるかもしれません。




150912275732_TP_V4