私は、令和2年2月になってから資産について考えることがありました。

 私が考えていた資産は、株・外貨投資・FX・貯金・不動産・会社・金などでした。

 しかし、令和2年2月の私が考えた資産は、株・外貨投資・FX・不動産・会社・金などではありませんでした。

 私が考えた資産は、人・サイトだけです。

 私は、人・サイトさえあれば他は何もいりません。

kuchikomi699_TP_V4

●あなたは、考えたことはありませんか

 あなたは、「何処かのサロンの信者ですか」と思いましたよね。

 私は、何処のオンラインサロンにも入会したことがありません。

 私の考えは、ビジネス書・経験・SNS・ニュースを基に考えた結果です。

 あなたは、考えたことはありませんか。

 あなたは、「どうして資産価値は、変動するだろう」と考えたことはありませんか。

 私は、考えたことがあります。

 資産価値が変動する原因は、経済です。

 つまり、景気が良い時には、資産価値は上がり、景気が悪くなった途端に資産価値は下がって行くということです。

 今から10年以上前の話です。

 当時、未成年者だった私でさえ信じてやまなかった証券会社の株が、ある日を境に紙切れになりました。


 私が大学に進学し、3・4年の時のゼミの教授も「ある日、紙切れになった株券を持っていた」と私に話てくれました。

 教授の目は、「どうして前兆に気が付かなかったんだろう」という後悔が浮かんでいました。

 そして、私に「馬鹿じゃないですか」と言われる前に、教授は私に「馬鹿だったよね。何であんな紙切れに踊ろされてしまったんだろうね。私も若かったからかな」と少しだけ目に涙を浮かべながら、言っていました。

 私は、この時からある日、突然、価値がゼロになる恐ろしさを知りました。

 あなたは、昨日までは価値が100万円と査定されていたにも関わらず、一夜明けると価値が0円になっていたら、どうですか。


●あなたは、知っていますか

 あなたは、「え。嘘でしょう」と思い、ニュースを全て観、SNSでエゴサしたりし、事態を理解できない状態になるんじゃないですか。

 あなたが、前日にその商品を購入していた場合には、あなたに商品を販売したのことも許せなくなります。

 そのことで、あなたとその人の関係性も可笑しくなります。

 あなたは、そのことによって、投資に対して、臆病になることになります。


 あなたは、知っていますか。

 令和2年2月になってからも、諸外国から「日本の消費税10%はまだ甘い。消費税15%以上にすべきです」と言われました。

 令和元年9月までは、100円の商品を購入した時には、108円でした。

 令和元年10月からは、100円の商品を購入した時には、108円と110円です。

 これからは100円の商品を購入した時には、115円になるかもしれません。

 しかし、会社員の給料は現在、据え置きです。


 なので、多くの会社員は、本業以外に副業をしないといけないことになっています。

 しかし、中には副業することを許されていない会社員もいます。

 副業することを許されていない会社員の中には、価値が0円になるかもしれない株に手を出している人もいます。

 私も株・外貨投資・プラチナに定期的に投資をしているので、株に投資する人に対して、「馬鹿が」と言うつもりはありません。

 しかし、株・外貨投資・プラチナなどは、経済の影響を少なからず、影響を受けます。

 あなたは、価値が上がっている時には、「よっしゃー。もっと上がれ」と思っていますよね。

 あなたは、価値が下がった時には、「頼むよ、上がってくれ」と思っていますよね。

 私から言わせてみれば、「だからあなたは戦略がない」ということです。

 私は、価値が上がった時は何とも思いません。

 私は、価値が下がった時は「よっしゃ。キター」と思っています。

kuchikomi704_TP_V4

●あなたは、先程私がサイトも資産と執筆したことを覚えていますか

 あなたは、「馬鹿じゃないの」と思っていますよね。

 投資で利益を上げている人は、価値が下がった時に嬉しそうに買い増しをしています。

 証券会社が買い替えを薦めてきたとしても、「興味ないんで」と断っています。


 どうして、証券会社が買い替えを薦めてきたとしても、断るのかについてここで執筆しません。

 あなたは、先程私がサイトも資産と執筆したことを覚えていますか。

 サイトは、独自ドメイン・レンタルサーバーと契約すると、価値はマイナスから始まります。

 しかし、あなたが、記事を更新し、価値あるサイトに育てることができた場合には、価値は●倍になることもあります。

 しかも、サイトは景気に左右されることはありません。


 大不況になったとしても、価値あるサイトが販売されていた場合には、喜んで購入する人もいます。

 バブル経済だったとしても、価値あるサイトが販売されていた場合には、まるでオークションのように価格がどんどん吊り上がって行っても購入する人もいます。

 つまり、あなたが今、何も資産がなかったとしても、サイトを構築して行くことで、将来的には資産を持つことになるということです。

 あなたが、「資産は」と聞かれた時に、「サイトです」と言った時に、「え。馬鹿じゃないの」と言っている人がいたら、思いっきりこう言ってあげましょう。

 あなたは、その人に「この大馬鹿者が」と言ってあげましょう。

 あなたは、今、サイトを持っていますか。

 あなたが、今、サイトを既に持っており、インタネットビジネスではなく、リアルビジネスに移行したい場合には、資産を売りませんか。


 あなたが、SNSで「サイトを売却します」と投稿した場合、これまで何処に隠れていたハイエナが突然姿を現し、あなたに接触し、あなたのサイトを買い叩き、購入します。

 例えば、あなたのサイトの価値が10万円だったとしても、ハイエナは「1万円の価値しかない」とあなたに言い、1万円だけ支払って、サイトでそれ以上の収益を上げているかもしれないということです。

 あなたは、こんなことが許せますか。


●サービス名は、何処かやる気がない名称です

 あなたは、「許せません」と思いましたよね。

 私は、インタネットでサイト売却を適正に行われているサービスを見つけることができました。

 私が見つけたサービスは、UREBAです。


 サービス名は、何処かやる気がない名称です。

 しかし、あなたがあなたのサイトがどれくらいで売れるのか気になっている場合には、無料査定をして貰う価値はあります。

 そのことで、あなたが本当はあなたのサイトがどれくらいの価値があるのは、把握することができます。

 あなたは、サイトを登録する前に既に登録されているサイトを確認しますよね。

 あなたは、「何だ。全然、成約していないじゃん」と思うかもしれません。

 しかし、あなたによく見て欲しいです。

 成約していないサイトは、成約していないんじゃないんです。

 成約していないサイトは、成約する程の価値がないんです。

 私も確認しましたが、ゴミサイトにも関わらず、販売者希望価格が●百万円となっていることもあります。


 何処にマイナスの価値しかないサイトを●百万円で購入する人がいますか。

 あなたは、購入しますか。

 あなたが、イメージしやすいことだと、特許権も持っていない潰れそうな会社を購入する人がいないのと同じことです。

 あなたは、「購入しません」と思いましたよね。

 しかし、あなたは、特許権を持っている潰れそうな会社だったら、どうですか。

 あなたは、特許権に将来性を感じた場合には、購入しますよね。


 それと同じことが、UREBAで行われているわけです。

 なので、あなたは他の登録してあるサイトについては無視しましょう。

 強いてあなたが、他のサイトを見て良いのは、販売価格を確認し、適正価格を決める時だけです。

 あなたは、サイトを登録し、後はじっと待つだけです。

 あなたが、サイトを登録し、1か月経っても買い手が出ない場合には、少しだけ販売価格を変えてみましょう。

 その途端にあなたのサイトの買い手が見つかるかもしれません。

 あなたは、「どうして、そんなことが起きるんですか」と思いましたよね。

 その理由は、市場のみ知っています。

 あなたは、UREBAに登録したくなってきたんじゃないですか。

 あなたが、今直ぐにここからUREBAに登録できるようにしておきます。

 あなたは、UREBAでサイトが売れた時、私が「サイトも資産だ」と言った意味を理解できます。

UREBA 


mamechi1110004_TP_V4
▼▼▼関連記事です
こちらでは、アフィリエイトサービスについて執筆しています。