私はふと思ってしまったことがあります。

 私がふと思ってしまったことは、Webライターであれば一度は考えたことがあることです。

 私が思ってしまったことは、私が執筆した記事を販売できるのはクラウドソーシングだけなのかということです。

 私が「私が執筆した記事を販売できるのは、クラウドソーシングだけなのか」と思ってしまったのには、理由があります。

 その理由は、簡単です。

TSU1994008_TP_V

●確かに私は初めてクラウドソーシングサービスにおいて、発注者から選定された時には、「嬉しい」と思いました

 SNSを始め、インターネット・雑誌・書籍などにおいて、Webライターとして仕事をして行きたいと考えているのであれば、クラウドソーシングサービスに登録し、依頼内容に提案し、受注し、発注者にリピート顧客になって貰うようにすることが執筆されているからです。

 私も先人が切り開いてくれた道を疑うことなく、クラウドソーシングサービスに登録し、依頼内容に提案し、受注し、発注者にリピート顧客になって貰いながら、自分のサイトも構築して行きました。

 確かに私は初めてクラウドソーシングサービスにおいて、発注者から選定された時には、「嬉しい」と思いました。

 しかし、クラウドソーシングサービスを活用し、発注者と仕事をしている中で、何処か私の心が満たされなくなって行きました。

 私は、どうして私の心が満たされなくなってしまったのかを考えました。

 その理由は、意外なことでした。

 発注者から毎回違ったテーマで記事を執筆するように依頼され、記事を発注者に納品すると、発注者から感謝はされていました。

 しかし、私が私が執筆した記事を掲載したであろう発注者のサイトに行くと、私が執筆した記事にアフィリエイト広告を掲載していました。

 発注者が、私に支払った何倍ものアフィリエイト報酬を発注者は受け取っているかもしれないということに気が付きました。

 私は比較的簡単なテーマの記事については、記事単価500円以下で記事を執筆したこともあります。

 私が執筆した記事は、書籍についてのレビュー記事だったので、発注者はアフィリエイトサービスに登録し、Amazon・楽天のアフィリエイト広告を掲載し、そこから継続的に報酬を受け取ることができていたのかもしれません。

 私は少し首を傾げ、「これでは少しアンフェアではないかな」と思うようになりました。

 そこで、私は発注者と受注者が公平な立場のサービスを探しました。

 私は最初は、私もアフィリエイトをしているので、アフィリエイトの幅を拡げるために、既に登録しているアフィリエイトサービス以外のサービスを探していました。

 私が書籍を購読している中で、評判が良いアフィリエイトサービスアフィBというアフィリエイトサービスをインターネットで検索し、公式サイトを購読してみました。


●私は「これだ」と思い、アフィBに登録し、早速、アフィリエイターが自分が執筆した記事を販売できるサービスのプロフィールを変更しました

 私の目に最初に飛び込んで来たものは、アフィリエイトサービスにも関わらず、アフィリエイターが自分で執筆した記事を販売できるサービスがあるということでした。

 アフィリエイターが執筆する記事は、発注者に指定されたテーマではなく、アフィリエイターが自分で決めて良く、販売価格もアフィリエイターが自分で決めて良いサービスのようでした。

 私は「これだ」と思い、アフィBに登録し、早速、アフィリエイターが自分が執筆した記事を販売できるサービスのプロフィールを変更しました。

 私はまだ販売していませんが、先駆者を見ると、販売した記事はきちんと購入者がいるようでした。

 私はアフィBにおいても、気に入ったアフィリエイト広告があれば、自分でもアフィリエイトをして行きます。

 そして、自分で執筆した記事でアフィリエイトをしなくても良い記事については、販売しようと考えています。

 そのことで私はアフィリエイトサービスアフィBで2つの柱から報酬を受け取ることができるようになります。

 1つは、アフィリエイト報酬です。

 もう1つは、記事販売報酬です。

 このことで、アフィリエイトで中々報酬が発生しなくても焦ることはありません。

 あなたは、どうですか。

 あなたが、自分で執筆した記事に何が何でも全てアフィリエイト広告を掲載していますか。

 あなたは、クラウドソーシングサービスで適正価格ではない記事単価で、受注し、記事を執筆していますか。

 あなたは、束縛されるのが嫌でWebライターになったにも関わらず、発注者にちょっとしたことで修正依頼をされ、まるで鎖に繋がれた奴隷のようになっていませんか。

 それでは、あなたはこれから先、活躍することは難しいかもしれません。

 その理由は、あなたが無理やり読者に商品を売りつけることで、あなたのサイトには読者が来なくなるからです。

 あなたもリアルで経験がありませんか。

 あなたが少し気になったお店を眺めていたら、店員がいきなりあなたに商品を売りつけて来た経験はありませんか。

 あなたが行っていることは、その人と同じことです。

 あなたが、そのように遂やってしまうのは、精神的に不安だからではありませんか。

 Googleアドセンス広告・アフィリエイト広告だけに頼りきり、あなたはそれで全てをやったつもりになっていませんか。

 あなたは、全てをやったつもりになっているだけです。

ookawa918IMGL1370_TP_V

●あなたは、まるで冤罪で牢屋に入れられている状態です

 私が、あなたに全てを伝えることはできません。

 しかし、私からあなたに伝えることができることは、アフィBに登録し、あなたが執筆した記事を販売することも始めることです。

 そのことで、あなたはGoogleアドセンス広告・アフィリエイト広告・記事販売報酬と3つの柱が出来、精神的にも安定し、少しずつ足元の鎖から解放されて行くことになります。

 あなたは、まるで冤罪で牢屋に入れられている状態です。

 あなたは、ノートパソコンを立ち上げる度に、「出してくれよ。私は冤罪なんだよ。何もしていないんだよ」と心の中で叫んでいるんのではありませんか。

 あなたは「アフィBに登録してみようかな」と思いましたよね。

 アフィBは、他のアフィリエイトサービスと同じように登録料は無料です。

 アフィBは、他のクラウドソーシングサービスと同じように登録料は無料です。

 あなたの商品が売れた瞬間に報酬を引かれ、残りがあなたの報酬になります。

 あなたが間違えてまた新しいクラウドソーシングサービスに登録し、自ら足元に新たな1つの鎖を付けに行くといけないので、ここからアフィリエイトサービスアフィBに登録できるようにしておきます。

 あなたはアフィBに登録した瞬間、少し他のアフィリエイトと違うことに驚くかもしれません。

アフィリエイト情報

eec7045b95eb5d0a18b4598c548b9446_s

▼▼▼関連記事です。
こちらでもアフィリエイトサービスafbについて執筆しています。