私は毎回本田翼が演じる星野沙希がどのような役を演じ、詐欺師を型に嵌めて行くのかが楽しみになりました。

 その理由は、第3話では弁護士、第4話では美容ブロガーを演じ、詐欺師を型に嵌めて行ったからです。

 そして、今回第5話ではダイヤモンド取り扱い師になり、詐欺師を型に嵌めて行きました。

 今回題材になった詐欺については、あなたも比較的イメージしやすいものでした。

 まるで数年前から登場した仮想通貨を思い出させるような内容でした。

 それでは、星野沙希がドラマ「CHEATチート~詐欺師の皆さん、ご注意ください」第5話でどのように詐欺師を型に嵌めて行ったのかを軽く説明して行きます。


●男性が被害者との面談が終わると、既に沙希と仲間達は動き始めていました

 いつものように詐欺師に黙れた被害者が沙希がいる事務所を訪れ、沙希に毎回叱りつけられている男性に被害状況を話しました。

 男性は被害者に「分かります」と言い、沙希に「分かりますよね。沙希さん」と言いました。

 しかし、沙希は男性が言っていることを無視し、その場を立ち去りました。

 男性は被害者に「大丈夫です。そいつを捕まえます」と言い、引き受けました。

 男性が被害者との面談が終わると、既に沙希と仲間達は動き始めていました。

 男性の仲間の1人は、詐欺師が経営している会社へ潜入捜査するために、面接を受けに行きました。

 最終面接まで辿り着き、当日を迎えると事態は急変していました。

 詐欺師が男性の仲間1人の経歴を確かめるために、男性の仲間の1人が語っていた会社の従業員と直接会い、男性の仲間の1人が働いていたか確認を取っていました。

 最悪なことに、詐欺師がそのことをしていたのは、男性の仲間の1人が詐欺師と約束をしていた時間帯でした。

 男性の仲間の1人は、慌てて沙希に「やばい。本物がいる。どうする」と言うと、沙希は男性の仲間の1人に「撤収」とだけ言いました。

 男性の仲間の1人がその場を急いで逃げると、詐欺師の仲間が追っかけて来ました。

 辛うじて男性の仲間の1人は逃げ切り、事務所に戻ると、沙希に叱りつけられている男性が「え。しくじったんですか」と言いました。


●女性仲間の1人は、「やばい」と慌てて、その場を去って行きました

 続いて、女性の仲間の1人が詐欺師に近づくことにしました。

 女性の仲間の1人が目をつけたのは、詐欺師が女好きで気に入った女性を側近に添え、至る所に連れて行くという所でした。

 女性仲間の1人は、詐欺師が行きつけの飲食店に行き、詐欺師に気に入って貰えるために、店員に気に入って貰い、店員から詐欺師に紹介して貰いました。

 女性仲間の1人の思惑通り、詐欺師は女性仲間の1人のことを気に入り、「良いか。今日から俺だけのために生きて行け」と言い、女性仲間の1人は詐欺師に「分かった」と言いました。

 突然、詐欺師がスマホを置いて、席を離れた隙に女性仲間の1人が詐欺師のスマホのロックを解除すすると自動でシャッターが切られ、その画像を削除しようとしてもできませんでした。

 女性仲間の1人は、「やばい」と慌てて、その場を去って行きました。

 事務所に戻ると、沙希が「今回の敵は手ごわいかもしれない」と言い、仲間に沙希が考えたことを実践させました。

 沙希は、いつも叱りつけている男性に「詐欺師から実態がないコインを購入するよう」に言い、男性は詐欺師からコインを購入し、沙希の報告しました。


●そして、沙希は銀行員に「あんた。このままじゃ、あいつに利用されて終わるよ」と言いました

 いつも叱りつけている男性から報告を受けた沙希は、「まだだよ。直ぐにあと20購入しろよ」と言いました。

 いつも叱りつけている男性は、沙希に「大丈夫なんですか」と口ごたえすると、沙希はいつも叱りつけている男性に「良いからやれよ」とキレながら言っていました。

 いつも叱りつけられている男性は詐欺師に「追加で20購入します」と連絡をすると、詐欺師は嬉しそうに「分かりました。直ぐにお渡しできます」と返信し、実際に売買しました。

 その直後、沙希は詐欺師が利用している銀行の銀行員に詐欺師が預けているお金がどんなことで稼いだお金でどんな目的のためにお金を預けているのかを告げました。

 そして、沙希は銀行員に「あんた。このままじゃ、あいつに利用されて終わるよ」と言いました。

 沙希は何食わぬ顔をし、ダイヤモンド取り扱い師として詐欺師に近づき、偽物のダイヤモンドを売りつけていました。

 詐欺師は沙希のことも気に入り始め、「信じて良いんだな」と言っていました。


●沙希は仲間に「来ましたよ」と言い、詐欺師との約束の場所へ行きました

 沙希は詐欺師のこの言葉を聞き、仲間に「型に嵌めるよ」と言い、入金する気がないにも関わらず、詐欺師に架空人物で取引を注文しました。

 詐欺師は従業員に「大丈夫だ。この日には大金が一気に入る」と笑顔で言っていました。

 当日を迎えると従業員が詐欺師に「銀行に確認しましたが、入金がありません」と言うと、詐欺師は慌てて沙希に連絡し、「ダイヤモンドを追加で購入します」と言いました。

 沙希は仲間に「来ましたよ」と言い、詐欺師との約束の場所へ行きました。

 そして、沙希は銀行員に「あんた。このままじゃ、あいつに利用されて終わるよ」と言いました。

 沙紀と詐欺師の駆け引きが始まり、詐欺師が型に嵌った時、沙希は詐欺師に「おい。おめえ。自分で詐欺師だと言っているんだよ。え。自分の会社の会長の顔ぐらい覚えておけよ。フリー素材から使ったとしても覚えておけよ。面白くなったから連絡して来ても貰ったんだよ。しかし、お前は気が付いていなかったんだよ」と高笑いをしながら、言いました。

 詐欺師は言葉を失っていました。


●残念ながら、沙希のような人はいません

 あなたは「詐欺師と沙希がどんなやり取りをし、沙希が詐欺師を型に嵌めたのか知りたい」と思いましたよね。

 あなたは「今、取引をしている仮想通貨がもしかして実態がないものかもしれない」と思い始めていますよね。

 あなたはその仮想通貨を取引する前に、しっかりと調査したんですか。

 あなたはある人物が「これからは、この仮想通貨が高騰する」と言ったので、購入したんじゃありませんか。

 あなたは今回の第5話の被害者のように、自分では何も調査せずに他人を信じ、自ら詐欺師の罠に嵌って行っただけです。

 残念ながら、沙希のような人はいません。

 あなたは自力で詐欺師からお金を取り返すか、警察に被害届を提出するか、弁護士に相談し、経過を待つしかないかもしれません。

 しかし、あなたはまだ詐欺師にお金を渡していないのであれば、まだ間に合うかもしれません。

 あなたがお金を渡そうとしている人物が本物か詐欺師か見極めるために、ドラマ「CHEATチート~詐欺師の皆さん、ご注意ください」第5話を観るのも良いかもしれません。

 そのことで、あなたは被害者にならずに済むかもしれません。

(参考 ドラマ「CHEATチート~詐欺師の皆さん、ご注意ください」公式サイト

BL007-turibashide20140810_TP_V