私は色んなことを職業としています。

 私はライター・マーケッター・編集者・ゲーマー・小説家・勉強研究家など一遍何も関係がないような職業をしています。

 しかし実は全て繋がっており、私が好きなこと・比較的得意なことを選定の上、自分から手を挙げて始めた職業です。

 私は試験というものに苦手意識は多少はあります。

 試験開始までのあのシーンとした空気、試験途中で気分転換のために洗面室に行く時も、黙って手を挙げ、順番を待ってから試験監督員に監視されながら、用が終わるまで外で監視され、席に着席するまで監視され続けるのが苦手です。

 私はその時、「囚人ではないんですが」と思いながら、席に着席します。

 ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」のオーナー黒須仮名子に特別な感情を抱いているスタッフの気持ちが分かります。

 「試験」と聞くと、悪いイメージしか浮かばないことが理解できます。

 このことが良く分かるのが、石原さとみ主演ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」第8話です。


●まるでそのスタッフはそのお客様と面識がある様子です

 レストランでスタッフ一同が目を疑うようなお客様が来店されます。

 スタッフが「あのお客様、あの人の兄弟かな」とひそひそ話をしています。

 スタッフが「いや、違うでしょう」とひそひそ話をしています。

 そこへあるスタッフがそのお客様に「ようこそいらっしゃいました。A様」と言います。

 まるでそのスタッフはそのお客様と面識がある様子です。

 そのお客様もそのスタッフに「君がフランスレストランに転職したと聞いたから来てみたよ。君何やっているんだっけ」と言います。

 スタッフがお客様に「ソムリエです」と言います。

 お客様がスタッフに「君、ソムリエの資格は持っているのかね」と言います。

 スタッフがお客様に「いえ、まだ実務経験が足りない者で受験していません」と言います。

 お客様がスタッフに「え。知らないの。ソムリエ協会という資格もあるんだよ」と自慢げに言います。


●その時、お客様とスタッフが「危ない」と言って、特別なワインを支え、笑顔でお客様が「君が試験に合格した時に一緒に飲もう」と言います

 スタッフはお客様に皮肉を込めて「知りませんでした」と言います。

 更にスタッフがお客様に「見て下さい。このワインは我々にとっては当たり年です。特別なワインです」と言います。

 お客様が戸惑っていると、スタッフがお客様に「え、知らないんですか。てっきり知っていると思っていました」と皮肉を込めて言います。

 そんな時、他のスタッフのミスで、その特別なワインが割れそうになります。

 その時、お客様とスタッフが「危ない」と言って、特別なワインを支え、笑顔でお客様が「君が試験に合格した時に一緒に飲もう」と言います。

 スタッフもお客様に「そうですね。来年ですかね」と言います。

 お客様がレストランを後にした瞬間、スタッフが店長と仮名子に特別な思いを持っているスタッフに「ねえ、君たち、悪いんだがソムリエ検定を受験してくれないか」と言います。

 仮名子に特別な思いを持っているスタッフはスタッフに「え、試験ですか」と悪夢を思い出しながら、「あ、分かりました」と言います。

 店長も「仕方がないですね」と言い、受験を決意します。


●しかし、仮名子に特別な思いを持っているスタッフは最終試験まで辿り着き、また悪夢がよぎり、スタッフ一同の前で、「受験したくありません」と言います

 そこからスタッフの仮名子に特別な思いを持っているスタッフ・店長へのスパルタ教育が始まります。

 スタッフが学習スケージュールを組み、受講講座も決め、受験票まで管理します。

 店長は残念ながら、途中試験で不合格になってしまいました。

 しかし、仮名子に特別な思いを持っているスタッフは最終試験まで辿り着き、また悪夢がよぎり、スタッフ一同の前で、「受験したくありません」と言います。

 スタッフが仮名子に特別な思いを持っているスタッフに「それは困るよ。私が受験するためにデーターがなくなってしまうじゃないか」と言います。

 仮名子に特別な思いを持っているスタッフはスタッフに「しかしですね。嫌な予感がするんですよ」と言います。

 その直後、レストランの電話が鳴り、スタッフが出ると、仮名子に特別な思いを持っているスタッフの母親からの電話です。

 仮名子に特別な思いを持っているスタッフはスタッフ一同に「でしょう。本当にご迷惑おかけします」と言います。

 ウジウジしている仮名子に特別な思いを持っているスタッフの一部始終を見ていた黒須仮名子は仮名子に特別な思いを持っているスタッフに最後の選択を迫ります。

 仮名子は仮名子に特別な思いを持っているスタッフに「ねえ、あなたはどうしたいの。そんなに受験を続けるのが嫌なら今直ぐ辞めていいのよ」と言います。

 仮名子に特別な思いを持っているスタッフは仮名子に「受験が嫌というか苦い思い出がありまして」と言います。

 仮名子は仮名子に特別な思いを持っているスタッフに「分かっている。お母さんでしょう。試験当日は私たちがどうにかするから後悔しない選択をしなさい」と言います。


●スタッフが仮名子に特別な思いを持っているスタッフに「大丈夫」と言ったその瞬間、仮名子に特別な思いを持っているスタッフは仮名子を会場で見つけます

 仮名子に特別な思いを持っているスタッフは仮名子に「折角ですから、最後まで受験します」と言います。

 そして試験当日、他のスタッフが仮名子を探しても何処にもいません。

 他のスタッフは「あいつ、どうにかすると言っていたよな。まさかばっくれたのか」と言っています。

 仮名子に特別な思いを持っているスタッフはドキドキしながらスタッフに「大丈夫でしょうか」と言っています。

 スタッフが仮名子に特別な思いを持っているスタッフに「大丈夫」と言ったその瞬間、仮名子に特別な思いを持っているスタッフは仮名子を会場で見つけます。

 そして仮名子に特別な思いを持っているスタッフは「なんて優しいんだ。心配してくれて来てくれたんですね」と勝手に思っています。

 いよいよ仮名子に特別な思いを持っているスタッフの試験の時間になり、試験部屋に足を運ぶと、そこには見覚えがある人が試験官にいます。

 それを見た仮名子に特別な思いを持っているスタッフは「あ、オーナーは試験官だったんですね」と勝手に思い込み、まるでレストランにいる乗りで試験を受験します。

 仮名子に特別な思いを持っているスタッフの番の前の受験生が試験で決められたことをしていると、仮名子が「何。それ。本物じゃないじゃない。本物持って来なさいよ」と言いだします。


●仮名子に特別な思いを持っているスタッフは仮名子に「後悔はありません」と笑顔で言います

 他の試験官が仮名子に「先生。あくまでも試験ですから」と言うと、仮名子は他の試験官に「何言っているの。本物を今すぐに持って来て頂戴」と言います。

 他の試験官が仮名子に「いくらかかると思っているんですか」と言います。

 仮名子が他の試験官に「私はそれを飲みに来たんだもん」と笑顔で言います。

 他の試験官が仮名子に「早く言ってよ。困るんだよ」と言います。

 その結果、仮名子に特別な思いを持っているスタッフも不合格になります。

 レストランに戻り、他のスタッフが仮名子に特別な思いを持っているスタッフに「試験どうだった」と言うと、仮名子に特別な思いを持っているスタッフはスタッフに「駄目でした」と言います。

 そこへ仮名子が来、仮名子に特別な思いを持っているスタッフに「試験は残念だったけど、どうだった。後悔はある」と言います。

 仮名子に特別な思いを持っているスタッフは仮名子に「後悔はありません」と笑顔で言います。

 このように試験に合格せずとも、試験に向けて懸命に勉強したことで新しい知識を身につけ、成長したことを喜ぶこともできます。

 そしてあれほど苦手だった試験さえ、克服でき、試験へ苦手意識も払拭することもできます。

 いよいよ仮名子に特別な思いを持っているスタッフが仮名子に自分の気持ちを確かめる機会が近づいて来ているかもしれません。

 仮名子も本当は仮名子に特別な思いを持っているスタッフのことをどう思っているのか決断をしなければいけない時が来ているかもしれません。

 仮名子と仮名子に特別な思いを持っているスタッフの恋の行方も見逃せません。

 引き続きドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」第9話も楽しみです。

(参考:ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」公式サイト)