私は仕事をしている人はプロフェッショナルである必要があると考えています。

 仕事においてプロフェッショナルであるということは、「完璧でなければいけない」と思うかもしれません。

 しかし、完璧過ぎると人はその人には近寄りがたくなり、仕事の場合では依頼しにくくなります。

 そして自分が如何にプロフェッショナルかと自慢してしている人に対しては、人は敬意を払うことはありません。

 そっと気が付かない間に、問題を解決されていると、「これぞプロフェッショナルな仕事」と評価してします。

 そのことが描かれているのが、石原さとみ主演ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」第7話です。


●スタッフはその光景を見、ただならぬことが起きると感じ、バックヤードで、「どうにかあの女性客を守らなければ」と話しています

 スタッフが何やら、騒がしく、スタッフの1人が「どうしたんですか」と質問します。

 スタッフが他のスタッフに「知らないの。この女優」と言います。

 他のスタッフがスタッフに「え、知らない」と言います。

 そんなことをしていると、レストランの開店時間になり、レストランをオープンすると、そこで事件が起きます。

 ある男性客がある女性客を見るや否や「え、あれって名女優の」と連れの女性に言います。

 そして慌てて男性客はある人物に電話をし、「大スクープだ。あの名女優が」と言います。

 その話を聞いた人物がレストランに来、「何処だ」と言います。

 スタッフはその光景を見、ただならぬことが起きると感じ、バックヤードで、「どうにかあの女性客を守らなければ」と話しています。


●スタッフがそんな仮名子を見て、「そんな重大に考えているんですね」と言います

 そこへオーナー黒須仮名子が登場し、スタッフに「あのお客様のプライバシーを守ることが私たちの仕事よ」と言います。

 仮名子に特別な思いを抱いているスタッフが「表立ってお守りしましょうか」と言います。

 仮名子は仮名子に特別な思いを抱いているスタッフに「はあ、何言っているの。そっと守って欲しいに決まっているじゃない。それがプロフェッショナルの仕事よ」と言います。

 そして、店が一眼となり、女性客のプライバシーを守ることに徹します。

 男性客がレストランに読んだ人物が懸命に女性客の写真を撮影しようとしているのを仮名子が見て、あることをずっと考えています。

 スタッフがそんな仮名子を見て、「そんな重大に考えているんですね」と言います。

 突然、仮名子は席を立ち、男性客と男性客に呼ばれた人物のもとに行き、「ねえ。あなたは以前、何処かで会ったことあるわよね」と言います。

 男性客に呼ばれた人物が仮名子に「え」と言います。

 仮名子は男性客に呼ばれた人物に「思い出した。あの写真よくも無断で使ってくれたわね」と言います。


●仮名子はスタッフに「あれこそが、プロフェッショナルな仕事よ」と笑顔で言います

 男性客に呼ばれた人物が仮名子に「あ、あの作品の作者だったね」と言います。

 その話を聞いた男性客が仮名子に「あ、あのくそつまんね作品のね」と言います。

 仮名子は男性客に「はあ。あなたには分からないのね」と言います。

 そんな時、レストランが一段になって守っていた女性客が男性客と男性客が呼んだ人物の席に行きます。

 そして、女性客は「私、良く似ているって言われるの」と言います。

 その一言を聞き、男性客から呼び出された人物は男性客に「人違いじゃねえか」と言い、レストランを後にしました。

 レストランは平和になり、女性客が会計をし、レストランを去る時に、行ったある行動がスタッフが「あの人絶対そうだよ」と言います。

 仮名子はスタッフに「あれこそが、プロフェッショナルな仕事よ」と笑顔で言います。

 あなたはプロフェッショナルな仕事とは、どんなことを指すのか分かりましたか。

 あなたが分からない場合には、石原さとみ主演ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」第7話」を観、理解できるまで確認することをおすすめします。

(参考:Heaven?~ご苦楽レストラン~」公式サイト)

Heaven?―ご苦楽レストラン (1) (Big spirits comics special)

中古価格
¥1から
(2019/8/24 09:04時点)